ザイロリックの通販

ザイロリック錠の概要

ザイロリックは、一般名アロプリノールで、キサンチンオキシダーゼ阻害剤に分類されます。作用機序は体内の尿酸生合成を阻害し、血中尿酸値及び尿中尿酸値を下げる効果があります。よって痛風や高尿酸血症に適用となるお薬です。

尿酸値は一般的に男性が高くなりやすい疾患であることから、処方されている患者さんの性別は、男性の方が比率が多い印象にあります。健康診断などで尿酸値が高いことを指摘されたことで服用を開始するパターンが多い印象です。

現在グラクソスミスクライン社からザイロリック50mg錠と100mg錠の2規格が発売されております。すでにジェネリックも発売されていて割と古い(歴史の長い)薬剤です。フェブリク錠など他社の同種同効薬と比べても、その分薬価が低いことから、患者さんの窓口負担が少なくすみます。ちなみに、現在はジェネリック製剤であるアロプリノール錠の方がより一般的に浸透しているかもしれません。
ザイロリックの注意点としては、腎機能の低下した患者さんに投与する場合です。通常は100mgを1日2ー3回服薬するのですが、腎機能が低下した患者さんは副作用が出やすくなる恐れがあるため、投与前に腎機能の確認が必要になります。必要に応じて、50mgの低用量にしたり.100mgを1日1回のみにしたりと投与量を減らす事があります。
基本的には副作用の少ないお薬ですが、服用開始時に腎機能に問題がなかったとしても、その後の腎機能の経過観察フォローが必要です。