クロミッドの通販

クロミッドとはどんなものか

クロミッドは、不妊で悩んでいてなかなかタイミング療法で妊娠出来ないときに、医師から最初に処方される薬です。排卵誘発の薬なので、排卵が不規則で遅いひとなど、卵子の質をよくしたいひとが処方されます。

いい面ばかりの薬ではなく、副作用や注意が必要です。それは、使用をずっとつづけていくと、子宮内膜がうすくなります。またけいがん粘液もうすくなります。子宮内膜がうすくなってしまうと、受精しても受精卵が着床するめのベッドがふかふかではなくて着床しにくくなります。けいがん粘液がへってしまうと、タイミングをとろうとしてもなかなか体内に受け入れにくくなりこれも妊娠がしずらい結果となってしまいます。

最初はクロミッドは一粒の処方ですが、排卵なかなかしない人はクロミッドの処方が増やされます。副作用として、双子や三つ子を妊娠する確率が自然妊娠より高くなります。人工受精のときにも、クロミッドを服用することで卵の質が良くなり妊娠率があがることもあります。また、体外受精のときにも卵子がたくさんとれるといいので、クロミッドを使用します。クロミッドを使用してたくさんの卵子ができると、採卵して卵子が多ければ多いほど、質の良い卵が採卵できる確率があがります。

卵子は採卵して全てが健康な常態なわけではなくて、採卵してすぐにだめになるものもあれば、胚分割しているときにもだめになってしまうものもあります。ゆえに卵をたくさんとることが重要になるのでクロミッドは必要な薬となります。