エナカルドの効果と副作用について

エナカルドとはどんな薬?副作用は?

エナカルドは犬用の心不全の治療薬で、世界ではじめて開発された薬です。
世界各国の臨床現場で投与されており、短期間で症状の改善が認められています。優れた有効性と高い延命効果が実証され、安全性も確認されている薬です。主に、呼吸困難や咳、食欲不振、活動の低下などの症状の改善に効果があります。

使用方法は1日1回、体重1㎏あたり0.5㎎を経口投与することが推奨されています。犬の体重に基づいて適切な錠剤量を投与してください。服用開始後に2週間が経過しても改善が認められない時は、使用量を増量できます。その場合は、体重1kgあたり0.5㎎を1日2回投与が上限となるので注意してください。

服用開始時や投与量の増量時は、約48時間は犬の容態に変化がないか注意深く観察する必要があります。エナカルドの主な副作用は、血圧低下による虚脱症状の出現です。

副作用がみられた時は、すぐに獣医師の診察を受けてください。また、妊娠中や授乳中の犬は服用できないので注意してください。